会員制ECサイトに必要な5つの機能

会員限定のECサイトをどのように作るべきか?」とお悩みではないでしょうか?

実は会員制のECサイトを作るのはカンタンで、ほぼ全ての無料ECサイト、安価なASPサービスで対応しており、ECサイトの設定一つでログイン認証必須のシステムを作ることができます。

そのため重要になるのは、どのような会員制ECサイトを実現させたいのか?という点になりますが、以下の5つの機能を把握すれば、要件をまとめやすくなります。

機能①会員登録機能
機能②ログイン認証
機能③会員グループや会員ランクによる商品表示設定・価格設定
機能④会員グループによる決済方法の変更
機能⑤ゲスト購入機能

本日はforUSERS株式会社でコンサルをしている筆者が、会員制のECサイトの作り方について詳しく解説いたします。

会員制のECサイトに対応しているECシステム一覧

まず、会員制のECサイトを作るには、それに対応しているECシステムを導入するだけです。そのなかでも有名なECシステムを一覧で紹介します。

◆会員制が可能な有名ECシステムの一覧

・MakeShop(メイクアップ)
・futureshop(フィーチャーショップ)
・Eストアー
・Shopify(ショピファイ)
・BASE
・STORES
・カラーミーショップ

他多数

上記の一覧を見てもわかるとおり、ほぼ全てのECプラットフォームで対応しているので、ECシステムの費用や決済手数料や、他のECに必要な機能を基準にしてECシステムを決めてしまっても良いでしょう。上記で紹介したECサイトの費用感は以下の通りです。

◆会員制ECサイトに必要な費用の目安

導入費用:数万円(無料タイプは0円)
月次費用:数千円~数万円(無料タイプは0円)
決済手数料:3~5%程度

BASEやSTORES、カラーミーショップなどは無料プランを使えば、決済手数料しかかかりません。ただし有料タイプの方が決済手数料が安めです。

ただし、ECシステムによっては「会員制」「シークレット機能」など名前が異なりますので、その点を注意してください。

会員制のECシステムに必要な5つの機能

それでは、会員制のECシステムに必要な機能を一つひとつ解説いたします。

機能①会員登録機能

ログインさせるためには、まず会員登録が必要となります。ユーザーの個人名や住所など、ECサイトで買い物するために必要な情報を登録します。

また、会員登録の際はメルマガ配信の許諾を取れば、会員向けに情報発信を行うことができますし、何より会員制のサイトであれば、限定情報の提供に会員登録機能は絶対に必要となります。

機能②ログイン認証

アクセスしたユーザーが本人であるかどうかを確認するために必要な機能です。ログイン認証やログイン方法には以下のような認証方法があります。

・パスワード認証
・ソーシャルログイン

ECサイトで良く使う認証方法は、パスワード認証です。会員登録時に設定したメールアドレス(あるいはユーザーID)とパスワードを入力してログインする方法で最も一般的です。また、GoogleやFacebook、LINEなどのアカウントでログインできるソーシャルログインを使うEC事業者も多数おります。

ソーシャルログインは、セキュリティをある程度担保しながら、ユーザーにとってはなじみのあるアカウントでログインできるので、利便性が高いログイン方法です。ただし導入にはコストが発生します。

機能③会員グループや会員ランクによる商品表示設定・価格設定

会員をグループに分けたり、あるいは買い物回数によって会員に「ゴールド」「シルバー」などのランクをつけたりして、それらのグループやランクごとに商品表示や価格を設定する機能です。

有名な「8:2の法則(パレートの法則)」にもあるように、ECサイトの売上を安定させるのは2割の優良顧客であり、その優良顧客を育てるためにも、会員ランクに分けて、高ランクのユーザーを優遇して、リピーター育成をしていくための機能ともいえるでしょう。

参考情報:パレートの法則

これらの機能が必要な場合は、ECシステムによってできる場合と、できない場合があるので、事前に機能が必要かどうかをECシステムの導入前に見定める必要があります。

機能④会員グループによる決済方法の変更

もし、作ろうとしている会員制のECサイトが社内販売サイトのようなサイトであれば、給与天引きも決済方法として取り入れることができます。しかし、企業には

・正社員
・契約社員
・派遣社員
・嘱託社員
・アルバイト・パート

このように雇用形態が異なる方もいるので、会員グループによって、決済方法を変更できる機能があると便利です。例えば、正社員や契約社員では給与天引きができますが、派遣社員はクレジットカード決済などしかできなように制限する機能です。このように会員グループによって決済方法を変えることも可能なのです。

機能⑤ゲスト購入機能

会員制のECサイトでも、できれば非会員以外にも買い物をしてもらいたい方は、ゲスト購入機能を用意べきです。ゲスト購入とは、会員登録無しでもECサイトで買い物できる機能のことです。どんなECサイトでも、ユーザーの一定数は会員登録しないで買い物したいというニーズがあります。そのためゲスト購入を許可して売上を高める機能なのです。

ただし、ゲスト購入は会員制ECサイトと相反する施策にもなりますから、ゲスト購入の方には、バナーやテキスト表示で

「会員登録になると○○なメリットがあります!」

と繰り返し訴求して、会員登録も促す努力も行わなくてはなりません。

会員制のECサイトが良く使われる業界とは?

では、会員制ECサイトが必要な業界を紹介します。

①社内販売・職域販売

社内販売サイトでは、会員制ECサイトの仕組みがよく使われます。特別価格で提供しているため、社員以外の人には提供できな価格で自社商品を提供しています。職域販売とは取引先の従業員を対象にした会員制のサイトのことです。

このようなサイトでは、一般人が購入できると値崩れを起こしてしまうので、会員制のサイトにする必要があるのです。

②BtoBのECサイト

BtoBでも商品の値段が数十万円以上もするような高額商品に使われます。このようなサイトでは新規取引はあまりなく、既存顧客が中心であるために、会員制のサイトの仕組みが利用されます。またBtoBで良くあるのが、顧客毎の値引き設定です。

例えば、大手の得意先には一律で7%の値引きであるのに対して、小口には値引きを行わないなど、会員グループごとに値引きの設定を変えることがBtoBのECサイトの一つの特徴でもあります。

③卸売りの専門のECサイト

BtoBの一つのジャンルですが、卸売りのECサイトも会員制サイトとなることが一般的です。なぜなら通常のユーザーに卸値を提示するわけにもいかないので、事業者向けに会員登録が必要となるからです。

④ファンクラブやオンラインサロン用のECサイト

芸能人やYouTuberなどが会員限定のECサイトを開設する際に、会員制のECサイトを構築します。会員制にすることで、ファンに特別感や限定感を演出することができますし、また、オンラインサロンでは、一般公開していない教材を販売するのために会員制ECサイトを使います、

⑤学習塾やオンライン塾

塾生限定の教材を販売するために会員制ECサイトを使います。会員向けの価格というよりは、塾生に限定したクオリティの高い教材を販売するための会員制ECサイトです。限定にすることで、他の塾や学習教材と差別化を図るために利用されます。

会員制のデメリットは集客に向いていないこと

おそらく最初から会員制のECサイトを作るという方は目的が定まっているのだとは思いますが、もし、下記のような特別な目的がなければ、会員制のECサイトはデメリットが多いと言わざるを得ません。

◆会員制ECサイトの目的

・一般に知られたくない価格設定をしたい
・会員限定コンテンツの販売したい
・社員限定商品を販売したい

なぜなら、Googleなどの検索エンジンはどんなサイトやWEBページでもインデックスして、検索結果に出そうとしていますが、会員限定サイトの設定は「noindex」になっているため、検索エンジンに表示されにくくなっているので、集客に向いていません。

また、なんらかの理由でECサイトに辿り着いたのに、会員限定だと敷居が高く商機を逃すことにもつながりますので、特別な意味がなければ完全に会員制のECサイトにするよりは、一部の商品に限定して会員制にするなどした方が良いでしょう。

まとめ

会員制のECサイトを作ることはカンタンですし、有名なECシステムであれば、無料のシステムから数百万円のシステムまで、ほぼ全てのECシステムで対応しております。

まずは、会員制ECサイトにどのような機能が必要なのか?を箇条書きで良いので要件をまとめてみてください。その上で、ECシステム各社のホームページを見て、気になる会社の資料を集めて比較検討してみましょう。ECシステムを決める際は、決済手数料などランニングコストを比較検討してみてください。