ECサイトを計画する前に知っておくべき7つの注意点

ECサイトの7つの注意点

新規事業担当者ならでECサイトの構築を考えている場合、事前にリスクや注意点を把握して事業計画を立てたいはずです。

ECサイト運営には事前に把握しておくべき7つの注意点があると筆者は考えます。この7つを事前に理解しておかないと、ECサイト立ち上げ時に集客に非常に苦戦したり、あるいは将来、ECサイトを引っ越すときに売上を減らしてしまうリスクを内在することにつながるからです。

本日はforUSRES株式会社でコンサルティングをしている筆者が、ECサイトの7つの注意点を解説いたします。

続きを読む

ECサイトリニューアルを絶対に成功させる7つのポイント

リニューアルの5つのポイント

ECサイトのリニューアルを実施して、問題点を解決して売上を高めたいとEC担当者なら誰でも考えるはずです。しかし、ECサイトのリニューアルは失敗するケースも多く、売上を伸ばすどころか炎上してしまうプロジェクトも非常に多いのです。

その理由の原因はECサイトのリニューアルを開発ベンダーまかせになっているため、リニューアルしたECサイトが要件を満たしていなかったり、あるいは複雑な要求をベンダーに通すのも、リニューアルの失敗の原因となります。文化シャッター社のシステムリニューアル失敗も世間を騒がせました。

東京地裁が日本IBMに19.8億円賠償命令、システム開発頓挫で文化シヤッターと訴訟

そうならないためにも、既存のECサイトの問題点をEC担当者がしっかり把握して、開発ベンダーと問題点を共有し、無理で複雑なシステム要求にならないようにしなくてはなりません。

本日はforUSERS株式会社でコンサルティングをしている筆者がECサイトのリニューアルで気を付けるべき7つのポイントについて詳しく解説いたします。

続きを読む

実店舗と比較してECサイトには7つのデメリットが存在する

ECサイトの7つのデメリット

「ECサイトのデメリットは何か?」

と店舗経営者が、オンラインでビジネスを始める前に慎重に検討しているのではないでしょうか?

最も大きいデメリットは、ECサイトを作っただけではユーザーがほとんどECサイトに訪れてくれないことであり、ECサイトへの集客のために「SEO」や「SNS」などを駆使する必要がある点です。そのためECサイトにおいてはWEBマーケティングのノウハウが最も大切となるのです。

本日はforUSERS株式会社でコンサルティングを担当している筆者が、ECサイトの7つのデメリットについて、実店舗と比較しながら解説します。

続きを読む

ASPも可能に!ECと外部システムをAPIを使った連携が普及

APIを使ってECサイトと外部サービスを連携する

APIとは(Application Programming Interface)の略で、HTTPリクエストを発行し、データ(JSON、XML方式)を返してもらうことで、外部サービスとデータ連携を行うことができます。

そのため、最近ではAPIを使って、ECサイトと外部システムを連携をするケースが非常に増えております。なぜなら、ECサイトにカスタマイズを入れて、その機能を実装するよりも、外部のシステムやツールとAPI連携する方が費用も負担も非常に少なくなるからです。

ただし、API連携は外部サービスの仕様変更に対応する必要がありますし、また、外部連携先ごとに、APIの仕様が異なる場合は、それぞれに対応するなどAPI連携においては業界標準の仕様がないデメリットがあります。

本日はforUSERS株式会社でコンサルをしている筆者が、ECサイトのAPI連携について詳しく解説いたします。

続きを読む

ECサイトに特化した5つのSEO施策を現役コンサルが解説

ECサイトの5つのSEO対策

ECサイトにおいて、SEO施策を実施する場合、どのように行うべきか?テクニカルSEOだけを対策すれば良いのか?SEOブログを始めるべきか?お悩みではないでしょうか?ECサイトで行うべきSEO施策は5つあります。

対策①商品ページへのSEO施策
対策②カテゴリーページへのSEO施策
対策③ファセットナビゲーションを使ったSEO施策
対策④レビューを利用したSEO施策
対策⑤コンテンツマーケティング(ブログSEO)

5つの施策全てを実行するのは困難ですから、すぐに実施できるものを見定める必要があります。もし商品数が多い専門店であれば、②と③の施策はすぐ実施が可能で、しかも高い効果が見込めます。そしてどんなECサイトでも⑤のコンテンツマーケティングを長期的に実施することで爆発的な集客をSEOで可能です。

本日はforUSERS株式会社でコンサルティングを実施している筆者が、ECサイトにおける5つのSEO対策を解説いたします。

続きを読む

個人が「かんたんに」できる3つのECサイトの作り方

個人がECサイトを作る3つの方法

個人でECサイト作るのは難しくありません。BASEやSTORES、カラーミーショップを使えば、ほぼ無料で30分で、カンタンにECサイトを作ることができます。ECサイトの作り方は、このよな無料ECサイトだけではありません。

個人がすぐににECサイトを作るなら筆者は3つの方法があると考えますが、最初からECサイトへの高い集客力を望むなら、メルカリShopsがおススメです。なぜなら商品を売りやすく、すぐにEC運営の経験をつむことができます。また、すでに全国に顧客がいるなら、手数料が最も安いスクエアオンラインチェックアウトが非常にカンタンです。

本日はforUSERS株式会社で、コンサルティングを実施している筆者が、個人でカンタンに作成できるECサイトについて解説いたします。

続きを読む

ebisumart zeroは大手企業の新規事業で使うべきASP

ebisumart zero(エビスマートゼロ)

ebisumart zero(エビスマートゼロ)を自社のECシステムとして採用すべきかどうか?考えているのではないでしょうか?

ebisumart zeroは、大手事業者が新規事業としてECサイトを構築するシチュエーションにおいては、非常に良いASPシステムです。なぜなら安価に導入しながら、事業が拡大したフェーズでebisumartを中大規模のシステムにカンタンにスケールアップできるからです。

つまり、将来かかる莫大なシステムの引越し費用を格段に抑えながら、導入初期においては手軽なSaaSシステムとして利用できからです。ただし、個人向け・小規模向けのECシステムとは言い難く、その場合は費用感が高くなります。

本日はforUSERS株式会社でコンサルティングを実施している筆者がebisumart zeroについて詳しく解説いたします。

続きを読む

リピート購入を促す「ECサイトの名前を付け方」を徹底解説

ECサイトの名前の付け方

ECサイトの名前をどのようにすべきか悩んでいるのではないでしょうか?

もし、こだわりのある名前がすでに考えにあるのなら良いのですが、ECサイトの名前が読みにくいショップ名や英語ばかりのものは避けるべきです。なぜなら、新規ユーザーがECサイトの名前を覚えてくれないと、後日Google検索されにくくなり、リピート購入されにくいECサイトとなってしまうからです。

本日はforUSERS株式会社でコンサルティングを実施している筆者が、ECサイトの名前の付け方について詳しく解説いたします。

続きを読む

オムニチャネルの効果とはシステム統合によるリピート購入促進

オムニチャネル導入による効果

オムニチャネルの導入を検討する上で、どのような効果が見込めるかを事前に検討しておかないと、社内でなかなかコンセンサス(合意)が得られません。

オムニチャネル導入の効果を端的に言うとシステム統合により、ユーザーは店舗やECを意識することなく、購入、返品、ポイント利用ができるため、ユーザーの利便性を極限まで高めることで、リピート購入を増やし、売上が高まります。

ECサイトと店舗のシステム統合することで、このようなことが実現できるのです。ユニクロなどの大手企業は、オムニチャネル導入により、ユーザー一人当たりの売上を高めることに成功しております。

本日は、forUSERS株式会社でコンサルティングを行っている筆者が、オムニチャネルの効果について解説します。

続きを読む

受注残管理はECサイトではなく基幹システムで行うべき理由

受注残管理のイメージ画像

受注残管理とはBtoBで使われる言葉で、例えば、得意先から100個の商品注文があった際に、倉庫に70個しか在庫がなければ、まず70個分を納品し、残り30個の受注残分を新たに仕入れて、後日分納する商品、または商品の数量を指す言葉です。ECサイト側では受注残管理は通常行いません。

受注残管理はBtoCではなく、注文数の多いメーカーや卸売り事業者で使われます。平たく言えば受注残管理とは注文数の管理なので、ECサイトへの実装も考えている方が多いかもしれませんが、筆者の知る限り受注残管理をECサイトに実装した企業を聞いたことはありません。

なぜなら、受注残管理をEC側で行おうとすると、ECサイトは在庫管理だけでなく、受注明細データも必要となり非常に複雑です。通常、受注残管理は基幹システムで行われているため、ECサイトで無理に実装するとコストが莫大になるからです。

本日は、forUSERS株式会社でコンサルティングをしている筆者が、ECサイトにおける受注残管理について詳しく解説いたします。

続きを読む