APIを使ってECサイトと外部サービスを連携する

APIとは(Application Programming Interface)の略で、HTTPリクエストを発行し、データ(JSON、XML方式)を返してもらうことで、外部サービスとデータ連携を行うことができます。

そのため、最近ではAPIを使って、ECサイトと外部システムを連携をするケースが非常に増えております。なぜなら、ECサイトにカスタマイズを入れて、その機能を実装するよりも、外部のシステムやツールとAPI連携する方が費用も負担も非常に少なくなるからです。

ただし、API連携は外部サービスの仕様変更に対応する必要がありますし、また、外部連携先ごとに、APIの仕様が異なる場合は、それぞれに対応するなどAPI連携においては業界標準の仕様がないデメリットがあります。

本日はforUSERS株式会社でコンサルをしている筆者が、ECサイトのAPI連携について詳しく解説いたします。

ECサイトで他社サービスのAPIを使うとは?どういうことか?

例えば、ASPサービス(SaaS)のECシステムを使っている場合、基本的にシステム連携やカスタマイズを行うことはできません。しかし、MakeShopのような一部のASPサービス、あるいはパッケージのECシステムでは、以下のようなAPIによるシステム連携が可能です。

APIと外部システムの連携

APIを使って、連携したい相手先のWEBサービスからデータを取得して、以下のような4つの処理を行うことができます。

①データ登録処理
②データ取得処理
③データ更新処理
④データ削除処理

つまり、連携したい相手先のWEBサービスがAPIとして公開されていれば、ECサイト側からWEBサービスを呼び出して、相手先のデータを登録・更新・削除したり、あるいは相手先のデータを取得して、ECサイト側に持ってくることができるのです。

ECサイトとAPI連携でどのようなことが可能になるのか?

では、具体的にMakeShopのようなAPI連携できるECサイトが、他のシステムと連携してどのようなことが可能なのか?具体例をあげて解説します。

①基幹システムとの連携

基幹システムとのシステム連携は、中大規模の事業者に必要な連携サービスです。基幹システムとの連携は、ECサイトと、連携する側の基幹システムをカスタマイズして、ファイル転送によるものや、データベースを直接参照sるなどのシステム連携を行うのが一般的ですが、この方式だと、軽く数千万円~からの費用がかかる連携となります。

しかし、もし、基幹システム側がAPIを提供できる場合は、ECサイト側でそのAPIを使って、データの受け渡しができるので、開発費用や開発期間を一気に短縮することが可能です。

ただし、基幹システム側がスクラッチで作られていたり、レガシーシステムの場合はAPI連携が困難となります。

②WMS(倉庫管理システム)との連携

WMSとECサイトの連携は主にCSVファイルを使った連携が多いのですが、もし、WMS側のシステムがAPIでインターフェースが標準化されているなら、ECサイト側でAPI連携をすることができます。

CSVファイルを使った連携では、どうしてもCSVファイルのアップロードとダウンロードに手作業が入ってしまい業務効率が悪くなるのですが、APIを使った連携を行えば、出荷指示の取り込みなどの作業を自動化できるので業務効率が高まります。

③Amazon Payや楽天ペイなどの決済サービスとの連携

自社ECサイトを、スクラッチで作っている方は、独自にAmazon Payや楽天ペイなどのID決済サービスとAPIを使ってシステム連携を行うことができます。

※ASPサービスやパッケージECはすでにこれらのサービスと連携済みであることが多く、自分達で連携が不用です。

もちろん、これらのID決済サービスを契約を事前に結ぶ必要がありますが、その後、下記のようにAPIで連携するためのリファレンスが各社から公開されており、ITエンジニアはそのリファレンスを参考して、自社ECサイトにID決済を導入します。

V2:サービス詳細||楽天ペイ(オンライン決済)

④Googleアナリティクス提供のAPIを利用する

ECサイト担当者であれば、必ず導入しているGoogleアナリティクスですが、実はGoogleアナリティクス側でAPIが提供されており、そのAPIを利用して、独自のレポートを自動で出力することができるのです。

Googleアナリティクスで用意されているレポートならば、Googleアナリティクスの設定で自動化も可能ですが、例えば、Googleアナリティクスから出力したデータを自社ECサイトに取り込むなども可能になります。Googleアナリティクスに限らず、APIを提供している分析ツールであれば、ECサイトに自動で取り込むこともできるのです。

下記のサイトでは、GoogleアナリティクスのAPIの利用について素晴らしくまとめられているので、興味ある方は合わせてご覧ください。

Googleアナリティクス APIの基本から利用準備まで

⑤各種マーケティングツールとの連携

ECサイトには、売上をたかめるための様々なツールがあります。

・WEB接客ツール
・かご落ち対策ツール
・在庫連携ツール
・CAMツール

このようなツール側がAPIを提供していれば、カンタンにAPI連携することができます。ひと昔前までは、このようなソリューションの利用は、カスタマイズしたり、該当ページのみを他のURLで用意する開発が必要でしたが、昨今ではAPIにより費用も開発労力もかけずに連携ができるようになっているのです。

API連携のデメリット

API連携を使えば、ECサイトに必要な機能やソリューションを費用を抑えて、労力を最小限にして導入することができますが、以下のデメリットがあることを踏まえて、ECサイトの運営を行うべきです。

①相手先サービスのサーバー障害

API連携のトラブルで最も多いのが、相手先サービスのサーバー障害です。例えば、導入したAPIサービスが受注や決済と関係するなら、ECサイトの運営自体が止まることがあります。APIに限った話ではないですが、サーバー障害で大騒ぎとなったのが、Amazon社が提供するAWSの障害です。

2021年9月2日にAWSの大きな障害があり、日本国内の多くの有名サービスがストップする事態となりました。

AWSの大規模障害、原因はネットワークデバイス 新プロトコル処理に潜在的なバグ

AWSは例としてあげましたが、APIで連携先のサービスが止まると、場合によってはECサイトの運営も止まることもあるのです。Amazonでさえこのような障害があるのですから、残念ですが100%完璧な企業は存在しません。そたのめECサイト担当者はそのような緊急事態にどのようなことを実施すべきか、事前に対策を練っておきましょう。

②APIの仕様変更への対応

API連携だと費用が抑えられて、労力も最小限と解説しましたが、相手先のAPIの仕様変更がある場合は、ECサイト側でも対応する必要があるので、例えば連携しているサービスがGoogleマップなどのAPIを利用している場合に、急な仕様変更があれば、対応せざるを得ません。

費用を支払っていたり、パートナー企業とのAPI連携であれば、急な仕様変更はないはずですが、GoogleやInstagramなどの広く公開されているAPI連携を行っている場合には、更新情報を常に情報をチェックするなど注意が必要となります。また、API連携が相手先に理由によりサンセットしてしまう場合も同様です。

③API連携が多いと、それぞれに対応が必要

一見便利そうなAPIですが、自社ECサイトとAPIの連携がふえると、それぞれに対応が必要となります。つまり現状としては、連携先のサービスごとに対応が必要であり、標準化されたものはAPIにおいては存在しないので、都度個別の対応が必要となるのです。

まとめ

APIの普及により、多くのSaaSサービスが個別のカスタマイズが可能となっています。例えば、無料の決済サービスで有名なSTORESも、複数店舗を持つ中規模以上の企業に対して、APIによる個別カスタマイズを実施しています。

このように、ECシステムにおいても、今までカスタマイズが不可能とされていたASPサービスにおいてもAPIを使って個別のシステム連携に対応することが可能になってきました。今後はこの技術の仕様が標準化され、さらに普及すれば、外部システムとの連携でさえも、もっと気軽なものになるのではないでしょうか?